唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



handcraft

iPhone6のガラス交換修理を自分でやったぜ。

更新日:

 

今年の2月、家の駐車場でiPhoneを落として液晶を割ってしまった。

 

 

あの時、会社の目の前にある「iPhone修理屋」的なお店に持って行ったら、若い女の子が受付をしてくれた。20代前半だろうか。見た目ごく普通の可愛いらしい女性。へえ、この狭いお店で受付スタッフがいるのかと思っていたら、その人がその場のカウンターの内側で修理を始めて驚いた。いや、あんたが直すんかい!!と。専門のスタッフが奥にいて直してくれるのかと思っていたら、その場でカチャカチャすること20分くらいで、ハイ、出来上がりです^^と手渡されたiPhone。「液晶交換、16,800円になりまーす」。チーン。

 

・・・iPhoneが復活して嬉しいと同時に、ちょっと待てと。あれ、俺にもできるんじゃないか? いや、できるだろ。できるはずだ。ええと・・・あの可愛らしいネエちゃん / カウンターの中 / 20分 / カチャカチャ ・・・。

 

うん、やっぱり俺できる!!次は自分でやる!!

 

と根拠のない自信が漲ってから5ヶ月が経ち、、、

 

 

先日うちの奥さんがDONE。

 

IMG_0615

 

 

そしてこの画面を見た瞬間、5ヶ月前に漲ったDIY魂が再点火。方法と必要な資材をWEBで猛検索。ネットサーフしまくり、国内外の様々なiPhone分解動画を研究、隙間時間でイメトレまでこなしました。参照させていただいた動画をひとつ載せておきます↓↓

 

 

 

 

・・・とこの時点でもう修理完了したイメージが出来上がりました。フン、こんなものに16,800円払ってたまるか。「こんなもの」ってまだやってないのに・・・。

 

 

>>>

 

そしてやってきた週末、日曜の朝、オペです。

 

まずはバックアップをとります。

 

IMG_0662

 

そしてオペ開始。

 

 

もうお医者さんになった気分で挑むのであります。キラーン♪

 

 


 

 

アクセサリーなど細かいモノを作る道具を一式集めました。ネットで取り寄せた修理パーツと専用の道具もセット。修理作業の動画もiPadで見ながら進行。

 

 

 

IMG_0663

 

 

 

そしてOPEN THE iPhone>>>

 

IMG_0658

 

おおーっ!!細かいぜ。しかし驚かない。ネットで予習済み。作業の動作イメージまでできてるっちゅうねんこっちは。と使い慣れない関西弁が出るのはテンションが上がっている証拠でしょうか。

 

IMG_0659

 

長いもので3ミリ、短いものはなんと1.3ミリというミクロなネジを机の上にランダムに置くわけにはいきません。鼻息で飛んでいきそうな、そんな小さなネジ達。紙の上に両面テープを貼って、番号順に管理します。

 

IMG_0660

 

奥さん撮影。これは精密ピンセットでカメラユニットを外しているところですね。

 

奥さんは謎のルンルン♪・・・。今人間でいうたら開胸手術の真っ最中、ホント真剣なとこなんだけど…。まあいいや。

 

IMG_0657

 

ちなみにこれ↑↑がiPhone6のカメラユニット。超精密ですね。左側の器具、これは歯医者さんが歯石取ったりする時に使うモノです。僕はまた別の工作で使います。右側の黒くて丸いところが皆さんのiPhoneの背中についているカメラレンズです。とにかく基盤の接触や断線に注意しながら作業。こりゃ凄いわ。高いのも納得、スペースに全然無駄がない。「3」からずっと愛用しているiPhoneの、その精密さに驚きながらハイテンションで作業は進み・・・

 

IMG_0656

 

PERFECTLY  FINISHED.

 

 

自分で言うのもなんですが、パーフェクト。パーフェクトというのは、中身を一切傷つけず、無理な力も全くかけずに、かつ内部の埃など全て取り除いて完成したということです。よしよし。

 

 

今回購入した修理パーツはこちら↓↓↓

Flylinktech iPhone6 フロントパネル ガラスパネル デジタイザ タッチパネル LCD液晶セット アイホン 6 交換修理 保護フイルム付き 純正同等品 (ホワイト)

Flylinktech iPhone6 フロントパネル ガラスパネル デジタイザ タッチパネル LCD液晶セット アイホン 6 交換修理 保護フイルム付き 純正同等品 (ホワイト)

 

かかった経費は5800円( ➡ 2018年8月30日現在、このパネル2,520円まで下がっとるやんけ)。作業時間は最初ということもあって写真など撮りながら作業したため、1時間30分ほど。次はもっと早くできるはず。ただ、こういう作業が好きな人じゃないとリスク高いなぁと思います。僕は分解して中を見るのが本当に楽しかった。ここはどうなってるんだ??これがスピーカーかよ!!と好奇心が湧くばかりでしたよ。まあ向いてないと思われる方、無理せず、作業は僕が安く請け負いますのでご連絡ください。値段はまたその時に(笑)。大丈夫、16,800円も取りませんから。

 

 

 

 

 

そういえば、午後買い物に出かけた時、

僕「今日のビールはご褒美のプレミアムモルツだな」

妻「え?・・・淡麗でしょ^ ^」

というレイタンな答えが返ってきた。おいおい節約は修理代だけにしてくれよと嘆く日曜の午後、暑さを吹き飛ばすべくゴクゴクと淡麗を飲んだのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記:

よし、ワタシも自分でやろう!! という方、僕が持っていて重宝したものをご紹介しておきます。

・ルーペ
LED ライト付 ヘッドルーペ 拡大鏡 めがね レンズ8枚 両手が使える 精密作業に 日本語説明書付 AKEMIDO
LED ライト付 ヘッドルーペ 拡大鏡 めがね レンズ8枚 両手が使える 精密作業に 日本語説明書付 AKEMIDO

 

・精密工具各種
iFixit プロテックツールキット 精密工具セット [並行輸入品]
iFixit プロテックツールキット 精密工具セット [並行輸入品]

 

これらは持っておいて損はないですよ。僕はアクセサリー作りや、DIYで出てくる細かい作業に使用します。

 

 

 

 

 

-handcraft

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.