唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



handcraft surfing

Ready to Surf : )

更新日:

It's ready to surf : )

ファイル_002

RETICLE SURFBOARD

MODERN SINGLE

MODEL "The Partiers"  5’11, 20, 2'3/4

 

 

ニューボード完成。ライトアップ。パチリ。

ファイル_001

ファイル_005

 

スペック、ボリューム、カラーリング。掠れたグレーの風合い、希望通りすぎて驚きましたよ。サイコー。シェイパーと距離が近くて細かくやり取りができるのは大事な要素ですね。

IMG_0803

そして自作のディケール、本サイトのURL、ちゃっかり入れてもらいました。こういうオーダーも普通はできないんじゃないかな。こちらはラミネート前の1枚。シェイプしたフォームにガラスクロスを巻いて、樹脂でラミネートする、その手前です。極薄紙にプリントされたディケールが配置されていますね。ラミネートの工程は樹脂の硬化のタイミングなどあり集中の極み、写真は撮れないとのこと。なるほど。

 

ファイル_007

ファイル_004

 

ああ、できた。早く乗りたい・・・。アドレナリンの荒波が押し寄せています。

 

ちなみに今まで黙っていましたが、RETICLE SURFBOARD は、

Full Order : ¥88,000 + tax

・・・これはない。普通ない。

大体国産のボードオーダーは本体が120,000~130,000+税、そこからフォーム(材料)やカラー、ガラスクロスの種類、枚数、フィンボックスの指定など、オプションを付けているうちにあっという間に14~5万くらいになるのがオーダーの常ですが、こちらは本体もオプションも非常に良心的>>> @feelsurf  So Good 🙂

 

IMG_0812

 

オーナーのRYUJIさん、前にも書いたけれど直接知っているサーファーの中で間違いなく一番サーフィンが好きで、もう本当にいつもサーフィンのコトばかり考えている。そして使うモノに対する拘りが凄い。この2点が僕的には決め手ですね。これはもう長い付き合いなのでわかることなのですが、海の上でのパワフルな動きだけでなく、器用さや細部の拘りも半端じゃない。サーフィン自体や取り扱う商材もさることながら、例えばショップの内装も全て自身が手掛けていて、なんかこの人は全部自分でやってのけるんだなあと、そういうイメージ。天井を伝う横木に留めてあるボルトの風合いとか、ダクトレールの色とか、壁面の漆喰の塗り方とか、店外のフェンスとか、ひとつひとつ拘っていて、細部まで妥協しない。何でも拘る人だなあと思っていたら、いつの間にかショップの一角にシェイプルームを自分で建てて、そこでボードをシェイプしている・・・。熱が高じた拘りの結晶、そんなボードに乗ってみたいと、僕の場合はそう思うわけです。

 

IMG_0596

014b6ad1c75b5ac15410533796b1ff8b28bc293377

 

IMG_0800

IMG_0802

今回も色々と聞いてもらいました。せっかくオーダーした自分のボード、ストーリーを残したいがために工程の写真も沢山送ってもらったり、僕の都合でディケールができるまで待ってもらったりと、ボードビルド以外のところでもいろいろお世話になりました。

 

出来上がったニューボードをただただ眺めては触り、触っては眺め、いつ海で解き放つことができるのか、心巡らせ酒を飲む夜。早く乗りたい。次は乗り味レポだな。

というわけで、次は海で : )  Many many thanks ! !

 

ファイル_006

お問合せはコチラ>> feelsurf

ADD: 広島県福山市神辺町新徳田2-267

TEL : 084-963-1642

または本サイトコメント欄へどうぞ。(コメントは公開されません)

 

IMG_0810

 

 

シリーズ一覧はコチラ>>

  1. feel surf @福山 - my new board -
  2. RETICLE SURFBOARD   ~ シェイプが始まった ~
  3. Shape Goes On - my new board -
  4. Fitting - my new board -
  5. Ready to Surf : )
  6. The Partiers rocks : ) - 一生滑走 -(最終回)

-handcraft, surfing
-, , , , , ,

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.