唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life

テンパりの極み。

更新日:

さて昨日の続き。

サーフィンで過去一番驚いた瞬間が先日訪れました。

 

ある週末の午後、島根県某所にて。

この日は北東ウネリが回り込み、且つ北東風が吹いたため狙ったポイントは完全にオフショア。サイズもそこそこなファンウェーブを堪能していました。

 

img_0923

 

img_0922

 

img_0921

 

 

ライトもレフトもあり、人は少なく、結構楽しめる感じで今日は当たりだと・・・。日没までミッチリやろうと企みつつ波に乗りまくっていたのですが、17時前くらいでしょうか、沖に出ようと波を越える時にふと見ると「・・・?」

 

 

何かが見えた。黒っぽいモノが。

「?」

 

 

鳥かな・・・?

 

後ろにいた先輩の方を振り返ると「やっぱり見た?」と。

 

 

 

次の波に押し上げられた時にもう一度沖を見ると、「黒っぽい」「三角」。

 

 

 

・・・背ビレ決定。

 

 

しかもデカい・・・。

しかも・・・5枚くらい!!!

 

・・・サメ!?

 

 

 固まりました。で、もう一度見る。 するとその5枚くらいの背びれが・・・ニョキっと出て左右へ動いてるじゃないですか・・・!! 

 

これね、もうね、テンパりの極みですよ。アニメのキャラクターがダッシュする時の、あの足が高速で回転するシーン、あれのパドル版ですよね。僕も先輩も超超超高速パドルで波に乗って海から上がりましたよ。

 

 

 

岸に戻り、嗚呼、もう大丈夫だ・・・と沖を見るとまだいる。背びれが5枚くらい出ている・・・。

 

 

 

とその瞬間、全長2メートルくらいだろうか、「クルッ」と身体が水面から出てきて、小さなアーチを描きました。「!!!」 ・・・イルカだ・・・。

 

 

「嗚呼、イルカか・・・よかった・・・(?)」

 

ただ、その時はまだテンパっているわけです。背中を丸めて水面から出てきたらイルカなのか? あれ、本当にイルカなのか??(まあどう見てもイルカなんですけど、まだビビっているわけです。5%くらいサメの可能性あるんじゃないのか?と)

 

で、目の前を見ると良い波がコンスタントに割れている。で、その向こうに5頭くらいのイルカが蠢いている。うん、イルカだ、イルカは人懐っこいんだ。

 

 

よし!! ボードを抱え、海側へ一歩。

 

 

いや待て・・・。イルカが人懐っこいって、誰が決めたんだ? そもそも皆が言うのは水族館とか、アミューズメントで飼いならされたイルカのことだろ。あのエサやり体験とかで出てくるあのイルカだろ。海の中で偶然会ったイルカが人懐っこい証拠ってあるか??中には凶暴なやつもいるんじゃないのか??そもそもあれ、イルカなのか??ここは島根。こんなところにイルカがイルk・・・やめとこう。つまらないシャレを言う気も一瞬でサメます。どないやねん。

 

その後、僕らの中で天使と悪魔が格闘。

・・・自分の身の丈以上はあるだろうというイルカ (95%) が5頭。やっぱり気味が悪い。

「イルカだと思って海に入ったら実はサメで、それに食われて死んだらそりゃあキングオブコントだな」

 

ということで、この日は上がりました。まあ十分波乗ったし、イルカにも会えたし。帰ろう。

 

 

 

 

家に帰ってネットで検索すると、どうやらその日入水していた近辺は、イルカが出没するスポットだったようです。ネットで見たこの写真。まさにこの感じでした↓↓

dscf02421_r

 

http://www.kirara-taki.co.jp/wordpress/news0/topic0/2014/09/29/109/

 

あーそれにしても焦った。イルカでよかった。

 

でも今度またイルカと遭遇したら、この時と同じ行動に出るような気がします。

まあ寒くなったら出ないか。うん。

と根拠のない予測を立てて、次の計画を立てます。最近島根ばっかりだな・・・。ブツブツ。

-daily life

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.