唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



comedy daily life

オブリガード ー 鷲羽山ハイランド ー

更新日:

 

 

「鷲羽山 (わしゅうざん)ハイランド」 というテーマパークに行きました。

 

 

岡山県倉敷市にあるこちらのテーマパークに訪れたのは小学校低学年の時以来なので約30年ぶり。娘のリクエストが遊園地か動物園か水族館だったので、遊園地で且つミニ動物園もあるということで行ってきました。

 

 

 

・・・やはり地方のテーマパーク、昭和感は否めない。例えばアトラクションのフレーム、いろんなところが塗装が剥げて錆びているなど、バブル期の代物、時代を感じます。

 

 

 

 

よし、ここで観覧車に乗ったらさぞかし絶景だろうなあ!!と乗り込むも・・・

 

 

 

 

「・・・。」

 

 

窓全体がうっすらと霞んでいる・・・。

 

 

(でも大丈夫です。クリアな部分もあるので、そこから絶景見えます^^めっちゃ綺麗です)

 

 

・・・とまあ随所でその年季を感じるわけですが、こちらのテーマパーク、

 

 

 

 

「ブラジル推し」

 

 

なのです。創設された方が「リオのカーニバルを見に行って『ビビッ(←効果音もバブル感!)』と来た」らしいです。それが理由で、「"ブラジリアンパーク" 鷲羽山ハイランド」という名前になっています。

 

 

 

なるほど、至る所にパームツリーが聳えていたり、サンバのBGMが流れていたりと、穏やかな瀬戸内に在りながら、意地でもリオのカーニバル的異国情緒を醸し出そうという営業努力がなされています。

 

 

 

 

 

オープンと同時にIN。よし、何から乗る??と娘と相談。そこからメリーゴーランド、コーヒーカップなどと昭和的なアトラクションに乗りまくるわけですが、とっても気になるポイントがひとつ。

 

 

 

「オブリガードー」

 

 

 

「はいオブリガードー」

 

 

 

 

と、スタッフのオジサン達が言うのです。アトラクションが終わって、ゲートを出るときに必ず。

 

 

 

「はーいオブリガードー」

 

 

 

 

「オブリガード=ありがとう」ですよね。ポルトガル語。ブラジルの公用語ですね。

嗚呼なるほど、ブラジリアンパークだから、そこは「ありがとう」ではなく「オブリガード」なんだな・・・。

 

 

 

ただ、スタッフの方々、長い間そこに勤務されているのでしょう、毎日何十回・何百回とメリーゴーランド回して、そのたびに言う「オブリガード」・・・もうね、流していらっしゃる。感情が無い・・・「いらっしゃいませー」や「ありがとうございまーす」を流した感じで言われるのなら僕も何とも思わないんですけどね、普段聞き慣れないワードを流されると・・・なんというか、堪らなくシュールな感覚に包まれるわけです。オブリガードー、はいオブリガードー、オブリガードー・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

乗っているゴンドラが激しく上下しながらひたすら回るアトラクションが気に入った娘、何度一緒に乗ったでしょうか・・・。毎回、楽しかったねとゴンドラを降りるたびにゲートのところで色黒のオジサンが言うのです。

 

 

 

 

「はいオブリガードー」

 

 

 

 

「はーいオブリガードー」

 

 

 

 

 

くる。ジワジワくる。感情2%くらいでしょうか、疲れた感じで「オブリガードー」・・・。「ありがとう」ではなく「オブリガード」・・・絶対言う。そこは教育が徹底されている・・・。声の大きさ・元気よりも「オブリガード」という文言を死守することが重視されている。いや、そこは元気も出していこうや。カーニバル感出していこうや。共に徹底しようや・・・などと思うのであります。しかしこうして人々の脳内にそのシュールな印象を焼き付けることも先方の演出かもしれない。そこは依然謎のままなのであります・・・。

 

 

 

そんなシュール感を味わいつつ広場のテーブルで早めのランチを食べていると、やがて賑やかな音楽が鳴り始めました。ふと顔を上げると、近くにあるステージでサンバのリズムと共に始まったのは・・・

 

 

 

 

 

 

ライブ。何かのライブ。そこに立つのはゴリゴリのネイティブ。MCの男性とカーニバルコスチュームの女性2名、その他ドラムス数名。マジかよ。そこ本国から連れてくるかよブラジリアンパーク。やるじゃないか・・・。と、そのまま演奏が始まったのですが、まだ11時過ぎでステージの前には誰もお客さんがいません。それでもお構い無しで陽気なサンバを演奏する鋼鉄のメンタル・・・嗚呼、出てる、出てるぞカーニバル感!!これまたシュールな絵面だ・・・。僕はカメラを手に取りました。

 

 

 

 

 

 

ブラジール!!

 

♪ブラジール!!

 

♪サンバ!!

 

♪ブラジール!!

 

 

 

 

いやもう歌詞が訳わからんけど・・・。MCの勢い半端ない・・・。

 

 

 

写真も撮りましたが、ちょっと動画も撮ってみようと回したのがこちらです↓↓ 曲が終わる寸前で間に合いました。ここまで読んでくださったなら、せっかくなので見てください。一曲終わったその後で、彼が元気よく言ってくれますよ。本場仕込みの例のセリフを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこぉぉぉオブリガードーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ア・・・アリガt・・・アリガトて・・・。そこは誰がどう考えてもオブリガード一択だろうよ・・・。

 

 

 

撮影停止ボタンを押した後、僕はひとりプルプル震えていました。

 

 

 

せっかく外国から来たのに・・・言うてないやん・・・。

 

そこ徹底しようや・・・。

 

 

しかも「アリガト!」の時、ちょっと息切れしてて元気ないし・・・。

 

 

 

 

 

 

>>>

 

いや、本当に楽しかった。アトラクション自体も充実している上にこのシュールな空気が個人的にはツボすぎた・・・。最の高。また来たい。

 

 

 

皆様もチャンスがあれば是非行ってみてください。安くてコスパも良い。遊ぶところもたくさんあるし、本当に楽しいテーマパークです。ウチの娘たちもかなり満足していましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はーい読んでくれてオブリガードー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-comedy, daily life
-, , , , ,

Copyright© なんかいいたい , 2019 AllRights Reserved.