唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



gourmet Karakichelin

「頂点石焼麻婆豆腐」@新橋

投稿日:

 

 

久しぶりに新橋で乗り換えということで、以前から狙っていたお店に行ってきました↓↓

 

 

「味覚」二号店 @新橋

 

 

 

「新橋 麻婆豆腐」で検索するとすぐに出てくるこちらのお店、新橋駅から西に5分ほど歩いたところにあります。近隣で3店舗営業されているようですが、一番近そうな2号店に行きました。こちらのお店は激辛激ウマ麻婆豆腐で有名です。麻婆豆腐の辛さが4段階、 薄辛 < 普通 < 中辛 < 激辛 から選べるようになっていて、中辛は普通の20倍、激辛は unknown ですが、激辛のオーダーが入ると店内に唐辛子の成分を多く含んだ煙が充満して店員もお客さんも皆むせて食事にならないんだとか・・・。ハンパない。そして激辛はオーダーすると店員さんに止められるそうです。それでも頼んだ場合、食べ残すと罰金を払わなければならないんだとか・・・。

 

 

着くと11:30だというのにほぼ満席。僕は「普通」をオーダー。激辛で有名なお店の鉄則です。「最初は普通を頼む」。大体「辛さ**倍」とか言われても、辛さの倍数とか全く分からないので・・・。とりあえず基準となる普通の辛さを食べます。辛さを売りにしているお店なら普通でもそれなりに辛いですから。激辛など最初から頼むことはまずありません。そんな得体のしれないチャレンジスピリットがあれば仕事の方に活かしたいものです。はて、見ると周りの人は全員麻婆豆腐・・・額に汗してホフホフ言いながら辛そうなのを食べている。嗚呼楽しみ。

 

 

 

5分ほどで着丼。石鍋の中で沸騰する麻婆豆腐、飛散防止でナプキンがかけられています。少し待ってからナプキンを取ります。

 

 

唐辛子の成分香る湯気の下から現れたのは・・・嗚呼。

 

 

 

 

 

これはマグマだ。

 

 

 

 

 

マグマ

 

 

 

 

マグマー

 

 

 

 

マグメスト 。

 

 

 

 

なのであります。限りなくマグマに近いその麻婆豆腐をゴハンに乗せていざ実食。

 

 

 

・・・

 

熱!

 

旨!

 

辛!

 

 

嗚呼、これは美味い。「普通」でも十分刺激あり。ただ唐辛子だけの「痛い」ような辛さではなく、沢山の種類のスパイスが混ざった薬膳的な辛さで、味と一緒に楽しめる辛さです。嗚呼・・・美味い。石鍋の中で灼熱をキープする麻婆豆腐を貪るように食べましたよ。熱い旨い辛いを繰り返し、額に汗して食す絶品。これは職場の近くにあったら通うわ。美味すぎた。マーベラス、いや、マーボラスなのであります。

 

 

あと、9月16日(土)、テレビ東京のアド街で放送されるそうです。一応告知ヘルプしときます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-gourmet Karakichelin
-, , , , , ,

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.