唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life

なんてん・なんてん・なんてんだー!?

投稿日:

 

 

 

 

水曜日の夜のこと。

 

 

 

 

家に帰ってテレビを付けると堺正章が

 

 

 

 

「なんてん・なんてん・何点だー!?」

 

 

 

と叫んでいました。

 

 

 

 

・・・なんだか最近多い。最近の堺正章はしょっちゅう

 

 

 

 

「ぬゎんてん・ぬゎんてん・ぬゎん点だー!?」

 

 

 

 

と叫んでいます。

 

 

 

 

例の歌の上手さを競う番組です。なんだか最近、テレビを点けるとあの番組ばっかりやっている・・・そう思うのは僕だけでしょうか。大袈裟に言って週8、控え目に言って週4くらいであの番組が放送されているのではないでしょうか・・・、っていうくらいによくやっている。

 

 

 

 

家に帰ってテレビを付けると堺正章が(中略)。

 

 

 

で、挑戦者の得点は大体95点以上。カラオケの採点システムの95点以上100点以下というハイエストなラインで競い合っている。

 

 

 

つまり、皆、上手い。

 

 

 

超絶に上手い。

 

 

 

その日僕が見たのは「KIKURI」という男性。屈強な色黒の男性が Every Little Thingの「Time goes by」を歌っていて、その絵面だけで十分注目の価値はあったのですが、ちょっと上手すぎる。そして得点は驚異の99.626。上手すぎでした。この方決勝で僅差で流しをやっている女性シンガーに負けるのですが、個人的にはダントツでナンバーワンでした。

 

 

ちょっとググろ・・・、と「KIKURI」と入力すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検索結果が沢山出てきて・・・

 

 

「2004年にEXILEのATSUSHIと云々・・・伝説のコーラスグループ "COLOR"で云々・・・」

 

 

 

 

 

 

いや、プロやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴリッッゴリのプロですやん。

 

 

 

そりゃ上手いはずだよなぁ・・・。この番組、「元宝塚の歌姫」とか「劇団四季」とかなんだか凄腕ばっかりが出てきていて、とにかく挑戦者の歌のクオリティーが高くて、見る人も多いということでしょうね。実際ウチの家族も結構見てしまう。誰が誰の歌を歌うかわからないからそこも面白い。うむ。

 

 

 

ただ、100点満点である必要は無い。だって挑戦者の得点は絶対に皆95点以上だし・・・。実質は5点満点で十分競えるのだけれど、そうすると堺正章氏の例のシャウトを炸裂させられない・・・。もうそこは「星みっつ!!!」形式で最高点を「星五つ」にしちゃえばいいんじゃないですかね。

 

 

 

「いただきました!ホスィ、イトゥトゥー!!!」みたいなね。

 

 

 

 

ええと、最後になりますが、おはようございます。

 

 

 

-daily life
-, , , , , ,

Copyright© なんかいいたい , 2020 AllRights Reserved.