唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life

なんか悲しい

投稿日:

 

 

テレビを点けると、小学校低学年くらいの男の子が怒ったような顔で

 

 

 

「バーカ!」

 

 

 

と言っていて、それで出演者がちょっと湧く。なんかウケている。

 

 

 

ん?なんだこれ?と、番組を見ていると「全国屈指の進学校では学生をこう教育している!」といった内容で、ところどころでクイズが出るのです。「この学校の教室には○○が3つもあります。○○とは何でしょう?」みたいなクイズが。答えは黒板。それに出演者が答えるのですが、そこで「水槽」などと、その時の文脈からして少し変な間違え方をすると、司会の人が「子役の子呼んできて!」みたいなことを言う。

 

 

 

するとさっきの子が出てきて睨んだ目つきで「バーカ!」と言う。それを繰り返す・・・。

 

 

 

大人の間違いを子どもが派手にツッコむいう構図。うん。わかるけれど、なんだかなぁ・・・。なんか悲しい。なんか、ツッコむ方法、他にないのか・・・。その小学校低学年くらいの子に「バカ」と言わせて笑いを取ろうとするっていうのがどうもなぁ・・・。その言い方も結構本気な感じで・・・。なんか悲しい・・・。

 

 

 

いや、その子がその方法を思いついたんじゃないと思うんですよ。きっと番組を作っている大人が思いついて、その子とご両親にその仕事を依頼していると思うんです。で、受けた以上は仕事ですから、

 

 

 

「○○君、もうちょっと怒ったような顔で言って」とか

 

 

「○○君、もっと大きな声で『バーカ!』と言って」とか、

 

 

そうやって大人が指導するんだろうか・・・。

 

 

 

なんて思っていると、なんだか気分が悪くなってテレビを消しました。

 

 

 

 

 

いや、僕も「バカ」って言うことありますよ、全然ある。あるんだけれど、なんだかなぁ・・・と思ってしまうのは自分勝手なのでしょうか。たとえばビートたけしさんだって「コノヤロバカヤロ」はトレードマークみたいになっている。ただ、なんか違うでしょうそれは・・・。っていうのは自分勝手なのでしょうか。じゃあこの「なんか悲しい」っていうモヤモヤのところだけでもスッキリしたい。その中身がハッキリと示せないところもまた悲しいんですが・・・。

 

 

 

その番組に、全国屈指の進学校の校長先生も出演されている。自らが校長を務めるその学校の素晴らしい教育方針を紹介されていて、それらは確かに素晴らしいと思った。「親が子供にやってはいけない7か条」みたいなことを紹介していて、それも確かにその通り!と思ったし、我が身を振り返って反省する部分はあったんだけれど、その小学生くらいの子に大声で「バーカ!」と言わせるのも「やってはいけない」の8個目に入れておいてほしかった。

 

 

うん、やっぱり笑いを取るために子供に大声で「バーカ!」と言わせる、その点だけが嫌だった。

 

 

世界一ウケたいのはわかるんだけれど、その、なんか悲しい感じじゃなくて、他の方法でやってほしいものです。ウチの娘にそんな仕事が来るわけないんだけれど、もし来たとしたらそれは世界一受けたくない仕事です。

 

 

 

・・・と番組にも送ってみます。

 

 

 

-daily life
-, , ,

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.