唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life gourmet Karakichelin

コーヒー

投稿日:

 

 

 

我が家ではもう何年も加藤珈琲店という名古屋の会社が販売するコーヒー豆を通販で買って愛飲しています。安くて、本当に美味しい。・・・という話をいつか書いたのですが、その記事を読んでくださった方が実際に加藤珈琲店のコーヒーを試されて「確かに美味しいね」と感想をご連絡くださいました。よかったです。  

 

 

ちなみに僕はコーヒーについて全然詳しくありません。世界中のコーヒーを100種飲んだ結果、加藤珈琲のモカを美味いと感じるなら僕もグルメを自負しますが、残念ながら違います。個人的に美味しいものを食べたり飲んだりするのは大好きですが、これに関していうと、たまたま通販で買ってみたらそれが美味しかったというだけ。サイトは楽天で、なんだか情報が多くてゴチャゴチャしているし、オシャレ感とかそういうのはあまり感じないけれど、買って飲んでみたらかなり美味しかった。なんだこれ?ってなりました。加藤珈琲との出逢いはもう運でしかありません。

 

 

 

そんな運の良い出会いが先日もありまして、地元の先輩が開いたカフェで飲んだ、

 

 

Cafe "Haco Plus"  広島県福山市 -

 

 

 

このコーヒーがとても美味しかった。酸味と苦味は適度、香り豊かでコクがあるって感じかな(語彙力スミマセンwww)。とにかく美味しい。謎の基準でお伝えして申し訳ありませんが、僕的に「濃いのに2杯目が欲しくなる」コーヒーは美味い証拠だと思っています。はい。

 

 

 

 

 

オーナーに聞くとこの日僕が飲んだのは「グアテマラのスペシャルティーコーヒー」とのこと。もはや「ティー」なのか「コーヒー」なのかわかりませんがその意味を聞くと、一定の基準を満たした、欠陥ない良質な豆のみを人の手で選んで焙煎したコーヒーだそうで、まあよくもそんなマメな作業ができるもんだと感心した次第です。で、それを今俺は飲んでいるのか、これこそカフェ俺・・・失礼。新年早々コンスタントにスベり倒しております。さて、気を取り直して「スペシャルティーコーヒー」の定義を記しておきます↓↓

 

 

生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。

(日本スペシャルティコーヒー協会HPより)

だそうです。宜しくお願いします。(って俺は誰なんだ・・・)

 

 

 

 

>>>

 

ところでこのガラスマグを見て思い出したのが、ある珈琲専門店のこと。

 

 

2年くらい前でしょうか、日本に上陸したばかりのその珈琲専門店で30分くらい並んで飲んだ「ケニア」(確か「ケニア」だったと思います)という種類の珈琲、500円以上したんだよなぁそれが・・・。お店の外で並んでいると、焙煎機の排煙ダクトから薫る芳醇な・・・嗚呼、もう絶対美味いやんこれ。何人並んどんねん、どんだけ美味いねん・・・楽しみすぎる・・・と店内へ。店内へ入るとガツンとくるほどにコーヒーの香りがする。見ると奥の方で「ブオオオオオーン」と焙煎しまくっていて、その機械の前にはジョージ・ルーカスみたいな、顎と首の区別がつかなくなるような髭を蓄えた外国人スタッフが立っている。嗚呼、イケてるやん。なんだこの珈琲空間は・・・これは美味いぞ・・・と自分の番がきて、その500円以上する「ケニア」をオーダー。

 

 

 

カウンターにはこれまたイケてる感満載のスタッフが5人くらい並んでいて、その中の1人がガラスのカップにコーヒーを注いでくれました。へぇ、ガラスのマグに入れるんだ・・・。と初のガラスマグに驚きながら着席。そしてスマホで何枚か写真を撮って、よし、飲もう。いざ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

みんな澄ました顔をして飲んでいました。大混雑の店内で、みんな。・・・笑顔で談笑している人たちもいれば、そんなにゆっくりできる感じのスペースではないにも関わらずMacBook を開いている人もいた。男は大体ツーブロックだったし、女は大体良いアウターを着ていた(ような気がする)・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・そんな中、僕だけだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

余りの酸っぱさに今にも変身しそうになっていたのは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、多分した。変身した。もうマントを翻して飛んで行きたかった。

 

 

 

 

 

 

というほどに、そのコーヒーは酸っぱかった。

 

 

 

 

 

 

「嗚呼なるほど、苦味と酸味のハーモニーが・・・」とか、ない。

 

 

皆無。

 

 

 

 

とにかくスイイのであります。

 

 

 

 

 

スイくて、トゥイくてもう、ハーモニーがどうとかそういう話ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥいいいー!!!

 

 

 

 

 

 

 

ってなったのを思い出したっていう…。

 

 

 

 

 

ええと、何の話だっけ・・・。

 

 

 

 

 

 

-daily life, gourmet Karakichelin
-, , , , ,

Copyright© なんかいいたい , 2020 AllRights Reserved.