唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life

追い越し → 意味ない

更新日:

 

 

今日300キロくらい車で走りましてね、その途中である国道を走っていたんですが、猛スピードの白いアクアが僕の横をブチ抜いていきましてね。おいおい何をそんなに急ぐ必要があるんだ・・・なんて思いつつコチラは平常運転。のらりくらりと進んでいたら、二つほど先の信号にそのアクアが停まっているのです。で、その真横に僕が並ぶ。見ると、20代くらいでしょうか、真面目そうな青年が運転席に座っていました。

 

 

なんや、結局同じとこおるやん。なんて思っているうちに信号が青に変わると、ブオン!!と勢いよく飛び出すアクア。追い越し車線を猛スピードで走っていくのであります。追い越し車線で目の前の車がどかなかったら左側の抜いたりと、なかなかアナーキーな青年です。でもその先の信号で、またその青年が停まっているのです。おいおい、またおんのかい。見ると、向こうもこちらを見て、一瞬目が合いました。

 

 

目が合ったからでしょうか、ブオオオオン!!と勢いよく飛び出したアクア、一旦は見えなくなったけれど、前方の視界に入ったり入らなかったりで、ぶっちぎって駆け抜けていくことができずにいる。また数個先の信号で右車線の5台先くらいにいるのであります。いや、追い越し車線と走行車線をいったりきたりしてブオンブオンいうてるけれど、結局同じとこにおるやん。車線変更のリスク増えとるだけやん。

 

 

たしかに急いでいる時に停滞したら、イライラして目の前の車を抜かしたくなるというのはありますが、そんな車と走行車線をのんびり走っている自分とがほぼ同じ位置で落ち着いているというのはなんとも変な話で、イライラの分と、車線変更のリスクが無駄なように思えるのですが、追い越しを繰り返して走るのと、走行車線だけをひたすら走るのでは到着時刻にどのくらい差が出るのか・・・?なんて思いませんか?僕は今日、強烈に思いましてね。ググってみたらやっぱり出てきた↓↓

 

 

 

 

 

前半では2台の車で比較していて、一方の自動車は同じ車線を走り続け、もう一方の自動車は車線変更を繰り返して追い越しまくります。すると、車線変更しなかった自動車は1時間13分でゴール。車線変更した自動車は、1時間11分でゴールしました。その差はなんと、たったの2分・・・。動画の後半では「X」とマークされた1台だけが車線変更せずに走りますが、結果的に「X」が1時間16分でゴール。その他の車線変更組は、1時間19分、1時間20分、1時間29分、1時間33分でゴールと、なんと車線変更を繰り返した車の方が到着が遅くなっているのです。

 

 

ただ、みんなが左側しか走らなくて右側がガラ空きだったら誰でもつい車線変更して走ってしまうわけで、要はこれ、1車線を走っている車が2車線に分散されるというだけの話ですね。そして追い越す方は実は前だけじゃなくて横にも移動しているから、走行車線だけを走る車に比べて一定区間での走行距離ってのは少し長くなっていると。そんなところでしょうか。

 

 

・・・と、そんなボヤキでした。

 

 

 

アクアの兄ちゃんがこの記事を読んでくれることを祈ります。

 

 

 

 

追伸:アクアの兄ちゃん、この後30分くらい走ったところにあるコンビニに立ち寄ったらイートインコーナーで何か食べてて、どれだけそれが食いたかったんやと心の中でツッコんだのは内緒です。僕はコーヒーを買ってすぐに再出発。結局俺の方が早くなっとるやんけ・・・。

 

 

-daily life
-, , ,

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.