唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life handcraft

ボーボー2

更新日:

 

 

我が家の庭、その外壁に入っていたヒビが進行している・・・と見上げるとそこに聳え立つウバメガシの木。原因はこの木の根に違いない・・・いざ抜かん!!と思い立ったところまで昨日書きました↓↓

 

 

ボーボー

 

 

 

 

 

 

 

 

この木です。コイツの根が我が家の外壁を押し割りそうになっている。地上約250cm、全体が葉に覆われていますが、この内側には直径20cmくらいの剛幹が縦に4本伸びています。イカツい。そしてこのウバメガシという木は密度が高くて重くて、とにかく硬い。これを白炭として焼くと、ハンマーで叩いても割れずに「キーン」と音を立てて跳ね返すほどに硬く、大変火持ちの良い炭ができます。そう、あの有名な『備長炭』です。

 

 

 

 

 

そうか、今俺の目の前にあるのは最高級の炭の原木なのか…

 

 

 

 

 

 

 

2kgで2000円オーバーて・・・多分100kgくらい取れるぞこれ・・・と、一瞬両目に¥マークが光ったのですが、いやいや、そんなん作れません。「1000℃以上の熱で窯口を少しずつ空けて空気を送り込みながら、絶妙な火加減で炭化させる」とか無理無理。庭でそんなんできるかい!そして最後に「水分を含んだ土と灰の混ざった消し粉をかけて消化する」とか「一人前の炭焼きになるには10年かかる」とか読んでいると、両目に光った¥マークはどこかへ消えていったのでした。

 

 

 

・・・っておい!俺!

 

 

金のことを気にするな!

 

 

壁のこと気にしろ!

 

 

気を抜くな!

 

 

木を抜け!

 

 

 

 

・・・しかしヘビーだ。ヘビー級だ。高級炭に使えるような硬くて重い木が、自分より遥かに背も高く、太く成長している。これを抜く・・・方法としては、枝や幹を細かく切って、最後に根っこを抜くのがベストだろうか・・・ただ、どうやるか・・・。枝葉を剪定するのはノコギリですが、太い枝や、幹を切るなんて無理無理。刃が折れるのが目に見えてます。ましてや超硬質なそのボディをノコギリなんて、、何回ギコギコすんのよ。ギコギコしすぎて摩擦熱で備長炭ができるわ。いやできんわ。

 

 

 

業者さんはどうだろう・・・業者さんに頼んで伐採して持って帰ってもらおう・・・と聞いてみると、樹高と根本周りのサイズからして、最低でも2万円はかかりそうな雰囲気です。人件費、根掘り、引き取り料、必要な場合は埋め土など、実際に掘ってみないとわからないこともあるのでなんとも言えないと・・・。

 

 

 

 

いや、分かってるんです。結局自分で切るしかないんです・・・うむ、貴重な休日を半日は使うだろうな・・・

 

 

 

と、ようやく重い腰を上げたのでした。

 

 

 

~ 続 ~

 

 

 

 

 

2018.2.6追記:続編書きました↓↓

 

ボーボー3

 

 

 

-daily life, handcraft
-, , , , ,

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.