唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life news

メガネ女子

更新日:

昨日出ていたレーシック手術に関するニュース↓↓↓

視力を矯正するレーシック手術が激減!

平成20年に約45万件だった手術件数が、なぜか26年には約5万件と激減していると・・・。へえ、9分の1かよ・・・。

 

何を隠そう僕も3年前にレーシック手術を受けました。0.01あたりから2.0まで視力を回復、その後視力を維持していて、この素晴らしい技術にこの上なく感謝しています。それまではサーフィンで常にコンタクトレンズを使用。あるハードコンディションの中、波の飛沫に打ち付けられたとき、両目のレンズが外れたことがあります。荒れる海の中、外れたレンズを奇跡的にキャーッチ!!・・・などできるわけがありません。その後やってくるウネリも岸側にいるサーファーもよく見えず、本当に怖かった。よし、レーシック受けよう。というわけで、50歳までに購入するであろうコンタクトレンズと80歳まで使用するであろうメガネ(3年おきに買い替え)の代金を試算し、手術費の30万円がいかに安いかを確認、そしてレーシック手術を受けました。地元の名眼科医の先生に施術してもらい、無事成功。以後超快適なデイリーライフ、サーフィンライフを送っています。

 

手術件数が激減した原因については、

  • 医療ミスの影響
  • 高コスト(保険適用外)(・・・長期的に見れば安いんだけどな・・・)
  • コンタクトレンズの高性能化
  • メガネ女子の普及(!!!)

などが挙げられていて、この中で「メガネ女子の普及」というのが個人的にツボ。確かに今やメガネは重要なファッションのツール。とはいえ、4つ目の原因はカジュアルすぎるなあと。まあそんなことを思ったわけです。

 

ちなみに我が家にもメガネ女子がいて、先日某ディスカウントストアに行ったときのこと、Tシャツの裾を引っ張られて、

「パパ見てー」

「?」

 

 ↓

 ↓

 ↓

ファイル_002

「!!」

 

愛してやまない我が娘が・・・ただのオッサンじゃねえか・・・。

もうすぐ7歳の長女は歯が生え変わる時期、歯抜けの間抜け具合と相まって写真のクオリティUP。

 

よし、次。

 

「ちょっと貸してくれ、***(次女)、おいでー」・・・かけさせてみる。

 

 

 

ファイル_003

 

・・・オッサン2号現る。

 

まあこのときに限らず、メガネを見るととりあえず試着してます。たまに車で僕のレイバンとか、合わせて遊んでますよ。サムネイルは僕のウェイファーラーをかける長女です。何度言ってもレンズを直接触るから困ってます。はい。

 

 

このメガネ女子たちが大きくなったらレーシックよりもっと凄い技術が生まれてるはず、先日のニュースでみたこちらも衝撃↓↓

眼球に電子デバイス埋め込み視力改善、グーグルが特許出願

これには驚きましたよ。見ている映像が網膜上に焦点を結ぶようにリアルタイムで厚みが変わるレンズを眼球に埋め込むと。しかも電力は空中を飛び交う電波を拾って充電するとか。嗚呼。未来ハズカム。

 

これは非常にテクニカルな特許になりますね。ま、僕はレーシックについては良い感想しかなくて、もし何年か経って不具合が出てきても、その時はまた別の素晴らしい技術でカバーできるんじゃないでしょうか。

 

そういえば・・・うちの娘たちがかけたあのメガネも「少女を1秒でオッサンに変える技術」で特許とれるんじゃないだろうか。ブツブツ。

 

 

-daily life, news

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.