唐木俊介の雑感配信ブログ

responsive ad contents



daily life

瀬戸大橋

投稿日:

 

 

先日瀬戸大橋を渡りました。本州と四国を繋ぐ瀬戸大橋。全長9368m、鉄道併用橋としては世界最大級の橋です。

 

 

1978年の着工から9年半の工事を経て1988年に利用開始となったこの巨大な橋、それだけでもなんと壮大な計画かと感嘆するのですが、実は最初に本州と四国を結ぶ橋を作ろうという声が上がったのは1889年だそうです・・・。時が過ぎて1950年代に「やっぱり橋じゃなくて、海底トンネルで本州と四国をつなごう」という案が持ち上がったり、60年代に「やっぱり橋にしよう」と議論が舞い戻ったりと様々な紆余曲折を経て、ようやく橋を作ることが決まったと・・・ようやく利用開始となったのが1988年、最初の提言から実に99年後・・・凄まじく長いストーリーですよね。

 

 

 

 

中間地点にある「与島」というパーキングエリアで休憩。霞がかった朝でしたが、カメラを持ってテクテク・・・。橋脚の麓まで歩いて、橋の裏側・・・腹っていうんでしょうか。腹。小さく見える橋の腹に階段やら通路やらがありました。瀬戸大橋を真下から仰いだことはなかったので、改めてその巨大さに驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくスケールが大きくて、早朝の橋脚の麓でひとり息を飲んでいたのであります。

 

 

 

 

四国に渡ったその夜、そういえば学生時代に実家に帰省していた時『プロジェクトX』で瀬戸大橋の特集を見たような・・・と、スマホで「プロジェクトX  瀬戸大橋」と検索すると、ありました。2001年にNHKの『プロジェクトX』という番組で特集されていたのです。『プロジェクトX』はご存知の方も多いと思います。中島みゆきが主題歌「地上の星」を歌い、田口トモロヲが独特の語り口でナレーターを務めたNHKのドキュメンタリー番組です。

 

 

 

 

リンク貼っておきます↓↓約40分の動画なんですが、もうね、壮絶な人間ドラマがありまくりです。泣けます。これは必見です。

 

 

 

 

 

 

いつも何も思わず往復している瀬戸大橋の、その裏側を物理的に見たのがきっかけで、結果的に橋ができるまでの壮大な物語の裏側までを垣間見ることができました。なんというか、こういう番組、良いですね・・・。NHKに感謝の気持ちが湧きました。テレビも芸能人の不倫がどうのこうの言ってないで、こういう番組がもっとあるといいのになぁと思います。

 

 

 

 

次にこの橋を渡る時も与島で休憩して橋を下から仰ぎたいと思います。また見え方が変わるかと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-daily life
-, ,

Copyright© なんかいいたい , 2018 AllRights Reserved.